読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

♡三重に到着してからの私(1日目)

そして、いざ三重県桑名市

そわそわして、早く目が覚めたりしたけど恐怖みたいな緊張はなかった。
新幹線の中で、講座の予習をしようと本を開いたけど読めず...やーめたー。
 
なにをするわけでもなく、桑名駅についた。

f:id:kana-note:20170524101426j:plain

私、人見知りなの。
会ったらまず、自分の前にバリアを貼って相手を探ります。
 
改札を出たら、お迎えに来てくれてた花さん(仮名)が居た。
なんか、わぁーーーって駆け寄りたくなって、こんにちは!元気に声をかけてた私。(誰なの。笑)
 
初めて会うのに、なんだこの落ち着く感じは。
車内でも、話がとまらない♪ 花さんに話している自分の声さえも心地よく感じてきて、着くまでずぅーーーーっと話してた。
(誰なのー。笑)
 
今回のイベント会場 ヒカリハウスに到着。
「ただいまーーー!!」って入った(誰なのぉーーーー。笑)
 
私、自分の家以外では、きちんと座って礼儀正しくできる子です。
遠慮ぎみに存在します。
 
でも、ごろーーーーんってしたくなってしまった。
この空気 心地よい。
寝転んで見上げる天井、好きっ❤
窓から見える景色、たまらない絶景❤
あぁ、なつかしいー。
身体が、染み込んでいくーー。
 
ただいまぁー。ただいま。

f:id:kana-note:20170524102857j:plain

その時は、まだ
三重ってすごいなぁー。
三重の人ってやさしいんだなぁー。
だからこんな私でも、安らいでしまうのね。って思ってた。
 
今思うと、自分の枠、レールがパラパラ崩壊してたんだな。
 
 …
私、頭がいいね。賢いね。礼儀正しいね。えらいね。って育てられたんです。
(親はそうは言ってなかったと思うけど、私はそう受け取っていたんです)
 
そこが自分の長所なんだと思ってたんです。
私は、いかに頭を使い、自分の身体を使い倒して、
完璧に期待に応えるか。
これこそが素晴らしい!
私の存在価値だと思ってたんです。
 
だから、思考を止められない。
思考が心を支配して、私の本音は私すら知らない。聞こえない。聞こえても、そんなはずないでしょ。と思考で止めてた。
感じたままに生きるなんて、恐ろしーーー!
 
今までも何度も何度も、私の枠にヒビが入ることは、あった。
あれ、もしかしたら...
 
いやいや!ダメダメ!!
ヒビを頑丈に修復!おーーあぶねー。(;'∀')
 
ってやってたなぁー。
今となってはウケる!かわいいな、私。笑
 
 
三重では、ヒビを修復!をしないでみた。
 
だってね、この枠の崩壊を喜ぶ
すみえ先生とえみちゃんがいるんだもん。
 
すみえ先生はトーニングボイストレーナーの先生。
先生のセッションを受けに行った初日に、
一緒に何かできたらいいね♪
と屈託のない笑顔と本音で、私の心にすーーーっと入ってきた人。
 
えみちゃんは、以前の職場で出逢った友達。
始めは遠くから、私の枠を壊してくれてたけど
(話すと気づかさせること多いなぁって程度に)
ここのところは、私の枠が壊れるくらいの強く暖かい風を
容赦せずに吹かせまくってくれる人。
 
このふたりの存在は、三重で過ごす1日目までは 恐怖に感じることもあった。
ふたりに会った次の日は寝込むこともあった。笑
でも、信じて待ち続けてくれた ふたり
 
ヒカリハウスのオーナー 花さんは、ただ居てくれるだけで安心する存在。
初めて会ったこの日から、花さんの近くが1番落ち着く。
 
1日目はフリーだったので、近くの公園に行ったり

f:id:kana-note:20170524103758j:plain

畑を見せてもらったりして過ごした。

f:id:kana-note:20170524104547j:plain

 

料理のことでずっと連絡を取り合っていた理子さん(仮名)が

お昼にサンドイッチとパンとコーヒーを用意してくれていた。

f:id:kana-note:20170524104750j:plain

この時は会ってなかったけど、繊細な優しい人なんだろうと食べながら思った。

食べ物って作った人の、愛がやっぱり伝わるんだとこの時に再確認した。

美味しいってより、優しい、かわいいに近いかんじ?言葉でうまく表現できない。

 

翌日の料理で使う食材たちを三重のみんなが集めてくれていて、キッチンに立つと心がいっぱいになった。

もぉ…すでに泣きそう。

 

私は、この気持ち、料理でまわそう。

返そうというより、そう、まわそうって感じた。

 

食材ひとつひとつが愛おしくて、匂ったり、撫でたり、眺めたりしながら重ね煮を作った。

f:id:kana-note:20170524105735j:plain

 

f:id:kana-note:20170524110327j:plain

 

f:id:kana-note:20170524114356j:plain

 

重ね煮は、野菜や食材がもつ陰や陽のエネルギーを中庸バランスに整えたが料理法。

だけど、今回作ってて感じた。

 

その土地にある愛、野菜を作ってくれた人の愛、もち寄ってくれた人の愛、集まってくれたみんなの愛、そして私の愛…たっくさんの愛が調和する料理。

 

だから唯一無二。

その日、その場所でしか作れない。

 

私が作った料理じゃなくて、みんなで作った料理。

作ると心が満たさせる。

落ち着く。こころが穏やかになる…。

 

つづく

♡ 三重に行くまでの私

1泊2日で、三重に行ってきました。

f:id:kana-note:20170523092408j:plain

今回は三重県桑名市にて、トーニングボイストレーナーの先生、舞台女優さんと3人で

声紋分析から潜在意識・顕在意識の測定

野菜・地球のエネルギーを摂る食事

えんとつ町のプペル』朗読と生演奏

の3部構成のイベント

【味わう】朗読と食と声

 

他の分野の人と一緒にイベントをするのは初めての経験♪

 

しかも、初めての試みドネーション制(投げ銭

 

正社員を辞めて、固定で お金 が入らない生活になった

銀行の残高が減るのをみると焦る

これから、子供も産みたい、家も欲しい…

怖い 怖い おそろしーーーー!

 

そんなときに、ドネーション制って…

なんで、そんな提案するのー( ノД`)

料理つくるのは、食材費だってかかるし、行くのに交通費や宿泊費だってかかるし

時間だって要するのに、私の価値はどうなるんだーーーー。

ってのが本音でした。

 

お金₌自分の価値対する対価

その対価は自分で決めたい!ずーーっとそう思っていた。

 

そんな中でこんな本とも出逢っていた。

f:id:kana-note:20170523092654j:plain

私たちは、たくさんのことがお金に支配されてる。

『お金のいらない国』はみんながやりたいこと楽しそうにやってる。

お金という対価を払わなくても、循環してる。

 

私が、ただただ楽しく、心地よくできること、やりたくてたまらなくなることって何だろう…。

 

野菜に触れていること

野菜が気持ちよく、食事となるような料理をすること

食事をしているところを見ること

 

やっぱりこれかぁ…

私(ひと)の価値はお金に換算するものではないのかもしれない…

 

ただただ私の楽しいことを思う存分楽しんで、どうなるのか何を感じるのか試してみたくなってきた。

 

貸して欲しいものや、手伝ってほしいことは、伝えていこう

お金として必要なものがあることもしっかり伝えよう

まだやってないことだらけよ、私たち。

 

ドネーション制を提案したトーニングボイストレーナーの先生に言われて

なにか楽しくなるような、ワクワクを少し感じた。

 

食材や調味料は畑にあるもの、家にあるものを持ち寄ってもらうことになった。

イベントをする場所で泊まらせてもらえることになり、お布団も貸してくれた。

 

1日目の食事は、三重のみんなが持ち寄ってくれることとなった(´・ω・。)

 

何をするにもお金が必要だと思っていた

自分で何でもできないといけないと思っていた

 

それに楽しかったのが、三重の人たちとの食材のやりとり

まだ会ったこともない人たちと連絡をして、

こんな食材は使わない?
いつもはどんな調味料使ってるの?

そんなやり取りが実はすっごく楽しくって、早く会いたくて仕方がなかった♪

 

決めつけ、枠、レールがパラパラパラパラと崩れていった。

 

当日のメニューも私が心地よく作れる4品にして

準備も気張らずにできる程度にしていくことにした。

 

 つづく…

 

 

 

 

週に一度の私の楽しみ♪

昨日は、週に一度の出勤日♪

飲食店の定休日を借りて営業する【野菜ソムリエの定休日食堂】の営業日でした。

https://www.facebook.com/t.k.b.shokudou/

 

今月より、テーマ野菜がトマト🍅 
f:id:kana-note:20170515122417j:image

野菜ソムリエの定休日食堂では、スタッフそれぞれが得意料理や作りたいメニューを作ります。なので和・洋・中・エスニックいろいろです!

 

私の今月のメニューは、

◆トマト麻婆丼
f:id:kana-note:20170515122431j:image

 

◆大豆コロッケ~トマトソース~◆
f:id:kana-note:20170515122442j:image

 

◆そらまめ豆苗のサラダ 塩レモンドレッシング◆
f:id:kana-note:20170515122509j:image

 

◆和風トマトビシソワーズ◆ 
f:id:kana-note:20170515122517j:image

自画自賛ですが、どれも美味しい!だって素材が美味しいから!

 

もっちろん、素材の美味しいが引き立つように、素材と向き合い語りかけてます。

野菜と会話ができるようには、まだ慣れていませんが、インスピレーションで返してくれます。怪しいですが本当です。笑

 

私が、野菜ソムリエの定休日食堂の仲間となり、料理をする理由は 

・野菜の美味しさや食べ方の新発見をしてほしいから

・つくる人の想いやこだわりを伝えたいから

 

昨日も、野菜に関心のあるお客様が多くご来店くださり

たくさん質問してくれたり感動してくれたり…♡

なんとも幸せな営業日でした(*´▽`*)

 

カウンター6席、個室1部屋の小さなお店なので、お客様とお話しながら料理ができるのが嬉しい(^^♪

 

これどうやって作るの?

何が入っているの?

こういう質問も私は全て答えます。隠し味も、隠しません‼

 

普段の食事でも、ちょっとした工夫を取り入れてほしいから。

当店で食べたのと同じように、家でも野菜たっぷりで食べてほしいから。

料理をすることを楽しんでほしいから。

 

昨日も、お客様から

『そっかーここにトマト入れたら、こんなに美味しいし、きっと家族も野菜たくさん食べてくれるかも!トマトはいつも、トマトだけで食べてた。』

 

『ヤーコンってこんな美味しいの?食べ方知らないから買ったことなかったけど、今度見かけたら絶対買う!』

って言ってもらえて…

 

くぅーーーーーーーー(ノД≦)♡っと叫びたくなるほど嬉しかった!

 

 週に一度の野菜チャージに♪オススメな野菜ソムリエの定休日食堂ですが、私自身も週に一度の営業日を楽しんでいます!

野菜に触れること、お客様にお伝えできること、スタッフ同士で勉強し合えることが、楽しくって仕方がないのです(*'▽')

 

野菜・果物の力をかりて今日も元気に♪

心を豊かにお過ごしください(*'▽')ノ

 

三浦さんにもらった赤ねぎちゃん

山梨県鳴沢村の三浦さんから先日いただいた赤ねぎちゃん

f:id:kana-note:20170510184134j:plain

今回、分けてくれたネギは去年の5月に植えたもので、雪の時期も耐えた子たち。

こんなに雑草が生えてても、ネギは元気‼

f:id:kana-note:20170510184118j:plain

 

 今回いただいた赤ねぎは、根っこに近い部分が赤いのが特徴

外側だけ赤いので、剥きすぎ注意!

f:id:kana-note:20170508103832j:plain

さらにこの赤色はアントシアニン色素で、水溶性なので、茹でると色が抜けてしまう。

酢水で茹でるか、焼くのがオススメ!

 

味が濃いのでただ焼くだけでも美味しい!
f:id:kana-note:20170513115457j:image

 

さらに今回は、オリーブオイルで焼いて、コンソメスープに浸した

◆赤ねぎの洋風お浸し◆

f:id:kana-note:20170508103637j:plain

 

葉っぱの部分は、刻んでチャーハンに

お米よりネギが多い(^-^;

◆ねぎとしらすのチャーハン◆

f:id:kana-note:20170508103627j:plain
これまた美味でした!

 

さらに常備菜として

◆赤ネギのネギ塩◆
f:id:kana-note:20170513115422j:image

焼いた鶏肉にかけたり

お豆腐に乗せてもおいしい♡

 
f:id:kana-note:20170513115432j:image

美味しさの秘訣は、三浦さんの野菜への愛と栽培方法

 

kana-note.hatenablog.com

 

次回は、三浦さんお畑の土づくりにかかせない有機質肥料、牛さんの堆肥について書こうと思います(*´▽`*)

 
f:id:kana-note:20170513115444j:image

 

野菜・果物の力をかりて今日も元気に♪

心を豊かにお過ごしください(*'▽')ノ

有機じゃなくって勇気?

富士山の麓 山梨県鳴沢村の国道139号線沿いにあるこの看板

f:id:kana-note:20170508102118j:image

有機じゃなくて勇気…????

一回通り過ぎたけど、気になって戻った。

興味津々で野菜を見てたら、中からこの直売所の店主でもあり野菜を育てている三浦さんが出てきて、野菜のこと農業のこと嬉しそうに教えてくれた。
f:id:kana-note:20170508103052j:image

(2014/11/13 初めて訪れた時の直売所の野菜たち)

 

栽培方法としては有機栽培と同じく

有機質肥料与え、化学肥料・農薬を使わずに育てている。

f:id:kana-note:20170508102320j:image

 

有機JAS認定を取っている作物でないと有機栽培、有機野菜とは表記できないのが国の決まり。

有機栽培について詳しくはこちらを↓

kana-note.hatenablog.com

有機JAS認定を取り続けるのには、費用も時間も要するので

 

その費用と時間は全て野菜に使いたい。

自分が伝えられる範囲の人たちに、理解して食べてもらえたら十分。

というのが三浦さんの考え

f:id:kana-note:20170508102951j:plain

だから有機じゃなくて勇気と表記している。

その考え方が好きで、2年半前に出会ってから月イチで通っている。

 

私のお仕事のひとつ『野菜ソムリエの定休日食堂』でもこの野菜を取り寄せている。

https://www.facebook.com/t.k.b.shokudou/

 三浦さんのトマトとスイスチャードを愛するがゆえにできたメニュー

f:id:kana-note:20170510192356j:image

 店頭でもトマト、とうもろこしが人気!

f:id:kana-note:20170510192456j:image

あぁ~夏が待ち遠しい‼

 

鳴沢村は標高970mなので4月の上旬に行ったときはまだ雪が降るほど寒かった。

f:id:kana-note:20170505141241j:image

(2017/4/2の鳴沢村 国道)

4月の中旬ぐらいから暖かくなってきたので、ようやく土づくりを始められるようで

4月末に、有機質堆肥を畑に撒くところを見せてもらった。
f:id:kana-note:20170510184201j:image

土づくりが1番大事!

土をしっかり作ってあげたら、あとは野菜たちが頑張って、虫から自分の身を守ったり栄養のぎゅっと詰まった実をつけたりしてくれるんだよ。

っていつも愛おしそうに教えてくれる。

 

化学肥料をあげると細胞が3倍になるから、短期間で大きく成長するんだとか。

 

三浦さんの野菜は、自然のまま育てているから小ぶりだけど美味しさがぎゅっと詰まっていて、味が濃い。

 

エネルギーもすごく感じる。

胃じゃなくて心に入る感じ。

 

今回いただいたネギもぎゅっと小ぶり

採れたてをその場でいただいたんだけど、甘味があって後からふわっとネギらしい辛味がくる。

味が濃いんだけどすっきりしてる。

f:id:kana-note:20170510184134j:plain

この赤ネギちゃんについて次回は書こうと思います。

 

野菜・果物の力をかりて今日も元気に♪

心を豊かにお過ごしください(*'▽')ノ

無農薬栽培、減農薬栽培、特別栽培って?

前回のブログで有機栽培について書きましたが

kana-note.hatenablog.com

今回は 無農薬栽培、減農薬栽培、特別栽培について書いてみます。

 

まず 無農薬栽培 とは…

 栽培期間中に農薬を使用せずに栽培すること

f:id:kana-note:20170506142101j:image

 有機栽培とは異なり、種まきや苗の植え付け以前の農薬の使用(土壌消毒なども)についてや周囲からの飛来・流入についての規定はなく、審査や認定がありません。

 さらには農林水産省はこの表示を認めていないのです。

農林水産省が認める表示は「農薬:栽培期間中不使用」

 

人によっては、有機栽培より安全性が高い、または同じように安全なイメージがあるかもしれませんが、実は基準が曖昧なのです。 

f:id:kana-note:20170506142201j:image

もちろん表示している生産者さんは、きちんと禁止されてる農薬を使わずに栽培されていると思いますし、種まきや苗の植え付け以前から農薬を使っていない、周囲からの飛来や流入も防いでいる生産者さんもいます。

 

次に 減農薬栽培とは…

栽培期間中、農薬の使用回数を従来より削減して栽培すること

f:id:kana-note:20170506142118j:image

しかし、削減の比較となる農薬が不明確だったり、削減割合が不明確だったり…慣行栽培のものよりは安全なイメージがありますが、曖昧な表示なのです。

 

ちなみに減農薬栽培という表示を農林水産省は認めていません。

 

どちらも曖昧でわかりにくいため、農林水産省が2001年に“特別栽培農産物の表示に関わるガイドライン を定めました。

 

特別栽培農産物 とは…(特別栽培農産物の表示に関わるガイドラインより)

 その農産物が生産された地域の慣行レベルに比べて、

節減対象農薬の使用回数が50%以下

化学肥料の窒素成分量が50%以下で栽培された農産物のこと

特別栽培農産物に係る表示ガイドライン:農林水産省

この慣行レベル(慣行栽培)とは…

一般に行われている栽培方法で、農薬や化学肥料を使用して栽培することです。

 

つまり、特別栽培農産物とは

その地域の一般的な農薬使用回数より半分以下の回数

肥料も窒素成分を半分以下の量

で栽培した農産物のことです。

 

それぞれの地域で土壌や気候などの環境が異なるため、慣行レベル自体も異なります。

 あくまで地域の慣行レベルが基準となるため、全く同じ使用量にはならないのですが、与えられた環境で生産者さんが環境に配慮しながら栽培されている証のひとつです。

 
f:id:kana-note:20170506142905j:image

栽培期間中農薬不使用で栽培も、特別栽培も生産者さんの想いや苦労・努力があってできている栽培法です。

 

表示だけではわかり切れない想いがあるので、判断基準のひとつとして正しく理解してもらいたいので2回にわたって書いてみました。

 

 野菜・果物の力をかりて今日も元気に♪

心を豊かにお過ごしください(*'▽')ノ

有機栽培って?

 有機栽培、無農薬栽培、減農薬栽培、特別栽培など農産物の栽培方法を伝える言葉

もちろん聞いたことはあると思いますが、それぞれ正しく知ってほしいので…

 

 今回は、有機栽培 について書いてみます。

 

有機栽培とは…

農林水産省の定める「有機JAS規格」の条件をクリアしている栽培のこと

 

 有機JAS規格の一部を簡単に紹介すると...


・種まきや苗の植え付けをする2年(多年生植物の場合は3年)以上前から、土に “使用禁止資材(肥料・土壌改良材・農薬)”を使っていないこと
f:id:kana-note:20170505182122j:image

 

・栽培期間中も “使用禁止資材(肥料・土壌改良材・農薬)”を使っていないこと
f:id:kana-note:20170505182249j:image

 

 ・周辺から“使用禁止資材(肥料・土壌改良材・農薬)”が飛来、流入するのを防ぐこと

f:id:kana-note:20170505180513j:plain

 

・使用する肥料や農薬は、天然物質または化学的処理をしていない天然物質に由来するものであること
f:id:kana-note:20170505181737j:image

 

遺伝子組み換えの種や苗を使用していないこと 
f:id:kana-note:20170505180544j:image

 そしてこの認定をとるためには、書類審査と実地審査の両方を受けます。


両方の審査が通って初めて有機JASマークを付けることができ、“有機農産物”として販売ができます。

yuuki

農林水産省ホームページより引用

 

 

農薬を使用せずに、病害虫を防ぐのは手間とコストがかかる上、

栽培期間中の畑にはもちろんのこと、植え付け前からが対象になることや

周囲からの流入にも気を付けなければならないこと、

認定後も生産者自身が生産記録を作成し続け、毎年調査が行われるなど

 

有機栽培の認定を受けるのは、大変な苦労があるようです。

 

有機JAS認定を取っていなくても、有機栽培とほぼ同じ栽培法をしている生産者さんもいますし、認定をとる時間やコストを野菜にかけるので精一杯な生産者さんもいます。

 

表示だけではわかり切れないことがたっくさんあります!

 

表示もひとつの目安として、

生産者さんの想いや詳しい栽培方法を聞ける機会が増えていくといいなと思います。

 

 

  野菜・果物の力をかりて今日も元気に♪

心を豊かにお過ごしください(*'▽')ノ